今瀬政司 研究室京都経済短期大学経営情報学科准教授)
Welcome HomePage

http://sicnpo.jp/imase-kyoto_econ/

 今瀬政司の紹介 今瀬ゼミナール(基礎ゼミ) 今瀬ゼミナール(ゼミT) 学生ボランティア(祇園祭ごみゼロネット大作戦)
学生ボランティア(京都市西京区民ふれあいまつり) 京都市西京区「ふらっと・西京」 京都市西京区「地域力サポート事業」  京都府「地域力再生支援会議」 
京都府「災害時連携NPO等ネットワーク」 今瀬の論文・研究発表等  京都府「NPO等リスクマネジメントに係るアンケート調査報告書」発行 

今瀬政司の紹介
今瀬政司のプロフィール(略歴・実績ページ)へ
京都経済短期大学 経営情報学科 准教授
   (2016年4月より専任勤務)
京都経済短期大学ホームページへ
  担当科目:「非営利組織論」、「地域創生論」、「観光概論」、「企業の経済学」、
           「社会活動単位認定制度」、「基礎ゼミナール」、「ゼミナールT」、
           「経営経済特別講義T・U・V」
  担当委員会:衛生委員会(委員長)、就職委員会、西京区・洛西連絡協議会、ハラスメント防止委員会
  研究テーマ:NPOと自治・協働の地域づくり、地域経済と産業活性化、
           地域と国の共創政策、災害応援と防災、離島振興、沖縄政策

長岡大学 経済経営学部 准教授 (退職)
   (2013年11月〜2016年3月専任勤務)
(旧)今瀬政司研究室ホームページ(長岡大学経済経営学部准教授)へ
  今瀬ゼミ活動報告ほか

特定非営利活動法人 市民活動情報センター 代表理事  
  今瀬政司の市民活動情報センターでの活動情報
   (世の中の矛盾で涙を流す人が一人でも少なくなるような社会づくり)

NPO法人 市民活動情報センター(SIC)
今瀬の主な著書等(例)  今瀬政司著 「地域主権時代の新しい公共 希望を拓くNPOと自治・協働改革」
  単著『地域主権時代の新しい公共 希望を拓くNPOと自治・協働改革』
    今瀬政司著、学芸出版社、2011年12月
共著『人に喜ばれる仕事をしよう 〜感動、感激、感謝される会社のつくり方〜』
    編著者:坂本光司、共著者:今瀬政司ほか、WAVE出版、2014年7月
共著『アジアの共生社会を紡ぐ日本の国際協力NGO』
    「アジアの未来への展望」NGO協議会、2015年3月
ページトップへ↑

京都経済短期大学 今瀬ゼミナール「基礎ゼミ」(2016年度、1年生前期) (写真はクリックすると拡大します。)


今瀬ゼミAグループ発表の様子


今瀬ゼミBグループ発表の様子


今瀬ゼミCグループ発表の様子
基礎ゼミナール合同発表会(2016年7月14日)
今瀬(基礎)ゼミでは、1年基礎ゼミ生20名が入学後、4月に基礎学習、5月にABCグループに分かれて、ディスカッションを重ねて自由にテーマを企画立案等、6月に学外現地調査や技能学習等、7月に報告資料作成・発表練習等を行って成果の発表を行いました。
各グループ共通テーマは、「京都の観光名所の誘客に向けた現地調査・発表」です。

今瀬(基礎)ゼミ Aグループ
   中嶋誠也、野田昌希、公文優弥、高田晃希、平澤 遥、大城空楽、駄場彩乃(7名)

  「平等院鳳凰堂について」
      プレゼンテーション資料(パワポのPDF489KB)

今瀬(基礎)ゼミ Bグループ
   池田 彩、辻 絵美理、田中佑里花、山下純奈、鈴木彩花、大江佳音、日下部侑希(7名)

  「伏見稲荷について」
      プレゼンテーション資料(パワポのPDF3.2MB)

今瀬(基礎)ゼミ Cグループ
   遠藤友樹、村岡彰人、南谷晃大朗、今田夏好、柿本京太郎、グエン・ミン・ナム(6名)

  「京都観光」
      プレゼンテーション資料(パワポのPDF489KB)

それぞれに多様な個性(性格・能力・意欲等の特性)を持ったゼミ生たち20名が、「全員参加・実践型」で、実務的に活動や学習に取組みながら、知識や技能を身につけるとともに、「コミュニケーション」「合意形成」「情報共有」「共同(協働)作業」「目標共有」「相互信頼」「相違尊重」の大事さを五感を持って学び、そのあり方の基礎を身につけて行きました。
ページトップへ↑

京都経済短期大学 今瀬ゼミナール「ゼミT」(2016年度、1年生後期)
   *ゼミテーマ:「自治と協働による地域づくり」

  ※本学のゼミは、1年生後期「ゼミT」から2年生前期「ゼミU」・後期「ゼミV」にかけて学習するものです。
ゼミ学外学習  
  京都市西京区役所への訪問研修(2016年10月6日)
・参加者:今瀬ゼミ生12名(石倉、上谷、梅野、大森、日下部、佐々木、清水、杉森、塚田、外山、中嶋、和田)
・場所:西京区長応接室、区役所各部署
・内容:
 京都市西京区長(個別)、江口課長にご挨拶を賜った後、ゼミ長(清水)より挨拶・御礼をして、桝田係長・竹中氏に研修レクチャーをして頂きました。テーマは、京都市役所の業務概要、職員募集案内、「西京区民ふれあいまつり」の説明とボランティア募集案内です。説明の後、ゼミ生から活発な質疑応答がありました。最後に区役所の各部署を案内して頂き、見学を行いました。研修後、ゼミ生は研修レポートを作成しました。


 
「自治と協働による地域づくり」における各ゼミ生独自活動・研究プロジェクト(研究ならびに実践活動)  
  各ゼミ生企画書の立案・発表(2016年11月16日)
・今瀬ゼミの統一テーマ「自治と協働による地域づくり」において、ゼミ生一人一人が独自に行う研究・実践活動の企画書(初案)レポートを作成して、ゼミ授業内で発表・プレゼンテーションを行いました。その後、何度も企画書を改良・更新していきました。


 
   京都市西京区役所における各ゼミ生企画書のプレゼンテーション(2017年1月19日)
・参加者:今瀬ゼミ生12名(石倉、上谷、梅野、大森、日下部、佐々木、清水、杉森、塚田、外山、中嶋、和田 (伊藤、大畠、田口、林))
・場所:西京区長応接室
・内容:
 京都市西京区役所において、区職員の方々に向けて、1年生の各ゼミ生たち(一人またはグループ)が自らの企画書を発表・プレゼンテーションしました。区職員の方々から貴重なアドバイスと期待の声を頂きました。
 来る4月からのゼミU(2年次)において、ゼミ生たちは独自に立案した企画書を具現化させて活動・研究に取り組んでいきます。

 
西京区のPR動画作成
【対象地域】京都市西京区

【ゼミ生】石倉恋、中嶋誠也、和田葵(五十音順)
西京区飲食店PR誌発行 
【対象地域】京都市西京区

【ゼミ生】日下部侑希
西京区における美化活動 
【対象地域】京都市西京区

【ゼミ生】梅野貴斗、大畠慎司、大森大暉、佐々木琢成、杉森正基、外山宇海、林龍也(五十音順)
 
西京区の魅力を伝えるパンフレット作り 
【対象地域】京都市西京区

【ゼミ生】塚田匠
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が与える地域活性化とその影響
【対象地域】大坂・関西

【ゼミ生】上谷依子
富山県南砺市利賀村について 
【対象地域】富山県南砺市利賀村

【ゼミ生】清水りか
アンケート調査による地域PR 
【対象地域】京都市西京区

【ゼミ生】伊藤葉月、田口汐里(五十音順)

2年生研究発表会での今瀬ゼミT質疑(2016年12月15日)  
  ・2年生三宅ゼミの研究発表に対して今瀬ゼミ生が質疑を行いました。
   (ゼミ生:佐々木)  (ゼミ生:杉森)
ページトップへ↑

京都経済短期大学 「社会活動単位認定制度」(今瀬担当)
 
  「社会活動単位認定制度」のシラバス(授業計画)
 
「祇園祭ごみゼロ大作戦」での学生ボランティア活動(2016年7月)
 京都経済短期大学の「社会活動単位認定制度」(今瀬担当)を受講する学生たちが、2016年7月の祇園祭(宵山行事、先祭・後祭)におけるリユース食器を活用したごみゼロ活動「祇園祭ごみゼロ大作戦」(主催:祇園祭ごみゼロ大作戦実行委員会)にボランティアスタッフとして協力しました。

 祇園祭では使い捨て容器等の大量のごみが排出されてきたため、繰り返し何度も洗って使用できる「リユース食器」を祇園祭の露店(飲食出展者)に貸し出し、リユース食器の返却やごみ(資源)の分別回収拠点として「エコステーション」を複数設置し、来場者に対しごみ減量の呼びかけや散乱ごみの清掃活動、食器類の洗浄などを行うものです。

「祇園祭ごみゼロ大作戦」ホームページへボランティアのページへ(外部リンク)

京都新聞記事「祇園祭の露店、ごみゼロなるか リユース食器を使用、回収」(2016/7/16 22:30)(外部リンク)



祇園祭での学生たちのボランティア活動の様子


京都市西京区「区民ふれあいまつり」での学生ボランティア活動(2016年11月)  
  西京区民ふれいあい事業ホームページへ(外部リンク)  
   京都市西京区では、「西京区制40周年記念イベント」として、2016年11月19日(土)に「西京区ふれあいまつり」を開催した。その運営(裏方)に京都経済短期大学の「社会活動単位認定制度」(今瀬担当)を受講する学生たちがボランティアスタッフとしてお手伝いをさせて頂いた。

 当日は、輪投げ等の「子ども縁日」のブースを担当し、会場設営・運営・片付け、来場した子供たちのお世話をさせて頂いた。1回100円の輪投げは、小さな子どもたちに大人気で、行列ができ、山積みに用意した景品は閉会前に早々に品切れとなった。京都市長もブースに来られ、学生たちにお礼とご助言の言葉を頂いた。

主催者発行の当日配布リーフレット (PDF:2.7MB)

西京区民ふれいあい事業ホームページへ(外部リンク)

 「子ども縁日」ブースの設営作業(学生:塚田、杉森)

 子どもたちの「輪投げ」のお手伝い(学生:塚田、杉森ほか)

西京区のゆるキャラ「たけにょん」と子供たち
ページトップへ↑

京都市西京区「ふらっと・西京」   
京都市西京区「ふらっと・西京」企画運営専門アドバイザー

2016年度の「ふらっと・西京」の様子
 
第1回の「ふらっトーク」
第2回の参加者テーマ提案
第2回のテーマ別「ふらっとトーク」
 
第4回の荒木会長挨拶と参加者テーマ提案
番外編の荒木会長と西京区ゆるキャラ「たけにょん」の挨拶
番外編の西京区ゆるキャラ「たけにょん」が紹介するお菓子「たけにょんサブレ」
番外編の「ふらっとさん」講演と参加者テーマ提案
番外編のテーマ別「ふらっとトーク」と会議の横で遊ぶ子供たち 

2016年度「ふらっと・西京」の概要
趣旨
 西京区のまちづくりのアイデアを提案し合い、語り合い、出会い交流し合い、具体的なアクションへとつなげる取組みです。

日時・場所・参加費
 ・第1回:2016年6月22日(水)、西京区役所 会議室
 ・第2回:2016年8月31日(水)、西京区役所 会議室
 ・第3回:2016年10月19日(水)、洛西支所 会議室
 ・第4回:2016年12月15日(木)、西京区役所 会議室
 ・番外編:2016年2月9日(木)、西京区役所 会議室
 ・第5回:201年2月23日(木)、西京区役所 会議室
 ☆時間:午後7時〜9時(6時〜7時はカフェタイム)
      (番外編は午前10時〜12時)
 ☆参加費:300円(茶菓代)
 西京区の開催日程ホームページへ(外部リンク)

参加申込
 「ふらっと・西京参加」と明記して、参加希望日、氏名、 TEL・住所を記入の上,Email・FAX・郵便で下記事務局に申込み(ただし、当日の飛び入り参加もOK)

主催
 西京区まちづくり推進協議会
 事務局:京都市西京区役所地域力推進室まちづくり推進担当
 TEL:075-381−7197  E-mail:nishikyo-machi@city.kyoto.jp

詳細は、西京区の「ふらっと・西京」ホームページ(外部リンク)

「第1回ふらっと・西京」(2016年6月22日)開催報告
 第1回次第(当日配布資料)(PDF:321KB)

「第2回ふらっと・西京」(2016年8月31日)開催報告
 第2回次第(当日配布資料)(PDF:342KB)
 第2回の西京区開催報告ホームページ(外部リンク)
 第2回の今瀬コメント (PDF:195KB)

※第2回の「ふらっと西京」では、まず最初に議論したいテーマとして参加者から6つのテーマが提案された。その一つ、「市バスの新ルート開設」に集ったグループの「ふらっとトーク」では、休憩時間も忘れるほど議論が白熱して有意義な意見が多く出された。議論の結論としては、自分たち市民として、「市バスの利用動向を調べること」、「市バスの改革で何がネックになっているか市バス担当者に聞いてみること」、「試験的に走ってもらうよう提案すること」の3点を集約して、今後の議論や取組みにつなげることになった。 

「第3回ふらっと・西京」(2016年10月19日)開催報告
 第3回次第(当日配布資料)(PDF:348KB)
 第3回の西京区開催報告ホームページ(外部リンク)
 第3回の今瀬コメント (PDF:187KB)

「第4回ふらっと・西京」(2016年12月15日)開催報告
 第4回次第(当日配布資料)(PDF:373KB)
 第4回の西京区開催報告ホームページ(外部リンク)
 第4回の今瀬コメント (PDF:187KB)

「番外編 ふらっと・西京」(2017年2月9日)開催報告
※番外編の「ふらっと・西京」は、いつもの夜間の時間とは違い、昼間午前中に開催するとともに、立命館大学の学生たちが前半の企画を作り司会を務めました。小さな子供さん連れの親の方々なども多く参加されました。会議室内にキッズスペースを設けて、保育士の方々が協力して下さり、会議を行っている間、子供さんたちの遊び相手になって下さいました。西京区のゆるキャラ「たけにょん」も参加して楽しく会議が進みました。
 番外編次第(当日配布資料)(PDF:359KB)

「第5回ふらっと・西京」(2017年2月23日)の開催報告
 第5回の西京区開催案内ホームページへ(外部リンク)
 第5回次第(当日配布資料)(PDF:342KB)
 第5回の西京区開催報告ホームページへ(外部リンク)
 第5回の今瀬コメント (PDF:188KB)

※第5回の「ふらっと・西京」では、最初に西京区まちづくり推進協議会会長であり、西京区松尾学区自治連合会会長でもある荒木康俊さんが「松尾学区 防災の取組」と題して話題提供しました。

※京都経済短期大学の今瀬ゼミ生の塚田さんが、開催告知を聞いて自主的に参加しました。塚田さんは、「ふらっとトーク」において、テーマ提案者に名乗りを上げて、「西京区に来てもらうには」というテーマを提案しました。塚田さんのテーマに賛同した参加者たちとともに話し合い、最後に結果を堂々と胸を張って発表しました。
塚田さんを温かくサポートしながら一緒に話し合って下さった参加者の皆様に深く感謝を申し上げます。

※「ふらっとトーク」とは、参加者の中で何人かの希望者が、その場でまちづくりに関する話し合いのテーマを自由に提案して、そのテーマごとのグループに参加者が自由に分かれて話し合い、最後にテーマ提案者が振り返り発表して、それについて企画運営専門アドバイザー(今瀬)がコメントする、というグループディスカッションです。


 
第5回のふらっとさん(話題提供者)のお話 第5回のふらっとさんの荒木会長 第5回のふらっとトークのテーマ提案の作成 第5回のテーマ提案の発表(今瀬ゼミ生:塚田さん) 第5回のテーマ提案の発表 第5回のふらっとトークの提案テーマ趣旨説明(今瀬ゼミ生:塚田さん)
第5回のふらっとトークの提案テーマ趣旨説明 第5回のふらっとトーク(提案テーマごとのグループで話し合い) 第5回のふらっとトーク 第5回のふらっとトークの振り返り発表 第5回のふらっとトークの振り返り発表(今瀬ゼミ生:塚田さん) 2017年度の「ふらっと・西京」の開催予告

 
「ふらっと・西京 かわら版」(2016年度版)
 「ふらっと・西京 かわら版」第8号(2016.6.22) (PDF:643KB)
 「ふらっと・西京 かわら版」第9号(2016.8.31) (PDF:682KB)
   ・「第1回ふらっと・西京」開催報告
 「ふらっと・西京 かわら版」第10号(2016.10.19) (PDF:802KB)
   ・「第2回ふらっと・西京」開催報告
   ・「「ふらっと・西京」企画運営専門アドバイザー 今瀬政司」メッセージ(自己紹介)
 「ふらっと・西京 かわら版」第11号(2016.12.15) (PDF:682KB)
   ・「第3回ふらっと・西京」開催報告

「ふらっと・西京 かわら版」(2015年度以前版)
 第7号 第6号 第5号 第4号 第3号 第2号 第1号 第0号
ページトップへ↑

京都市西京区「地域力サポート事業」
2017年度「地域力サポート講座」&「西京区地域力サポート事業」
  第1回地域力サポート講座
・テーマ:「まちづくりグループの立ち上げと運営」
・日時:2017年4月11日(火)13:30〜15:15
・場所:西京区役所大会議室
・講師:今瀬政司京都経済短期大学准教授、NPO法人市民活動情報センター代表理事)

西京区地域力サポート事業(補助金)募集説明会
日時:2017年4月11日(火)15:30〜
場所:西京区役所大会議室
講演ポスター

講演チラシ

講演&説明会の西京区ホームページ(外部リンク)

事業募集の西京区ホームページ(外部リンク)

講演&説明会案内の京都市「市民しんぶん西京区版」<掲載一面>(2016年3月15日発行、全戸配布)(外部リンク)
ページトップへ↑

京都府の地域創生
京都府「京都府地域力再生支援会議」委員
  京都府の地域力再生ホームページへ(外部リンク)

 京都府地域力再生プロジェクト支援事業交付金(外部リンク)

ページトップへ↑

京都の防災・減災
 
京都府「災害時連携NPO等ネットワーク」 実行委員(理事)
「災害時連携NPO等ネットワーク」設立大会
・日時:2016年10月29日(土)13:00〜17:00
・場所:京都大学 宇治キャンパス77 防災研究センター 連携研究棟3階大セミナー室
     (JR・京阪:黄檗駅)
・内容
 <第1部>ひと声かけて支え合う「災害時連携NPO等ネットワーク」設立大会
 <第2部>設立大会記念シンポジウム「実行委員のみた 災害の現場とその支援」

シンポジウム予定登壇者
・牧紀男(京都大学教授)
・荻原靖(京都中小企業家同友会専務理事)
・平尾剛之(きょうとNPOセンター常務理事)
・武田知記(京都府社会福祉協議会事務局長)
今瀬政司京都経済短期大学准教授、
       市民活動情報センター代表理事)
・森田洋行(京都丹波・丹後ネットワーク副理事長)

・問合せ・申込先
  事務局(京都府府民生活部府民力推進課内(担当:天谷・吉永)
  電話:075-414-4212  Eメール:fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp

詳細は、京都府「災害時連携NPO等ネットワーク」ホームページへ(外部リンク)
  (事務局:京都府府民力推進課)
設立大会&シンポジウムの様子

開催案内ホームページ
開催案内チラシ (PDF:734KB)

ページトップへ↑

今瀬の論文・研究発表・レポート等
 
2016年度
今瀬政司「日本と違う沖縄のいま 〜本土から沖縄に移された米軍基地〜」 (PDF:792B)
  (市民活動情報センター『市民活動情報センターニュースレター』3号(2016年)、2016年12月20日)

今瀬政司「地域活性、地域づくりへの向き合い方」 (PDF:174KB)
  (地域活性学会『地域活性学会ニュースレター』No.174、2016年10月17日)

今瀬政司「日本と違う沖縄のいま 〜嘉手納基地と国策のまちづくり〜」 (PDF:523B)
  (市民活動情報センター『市民活動情報センターニュースレター』2号(2016年)、2016年10月15日)

今瀬政司「日本と違う沖縄のいま 〜東村高江 米軍ヘリパッド建設問題〜」 (PDF:351KB)
  (市民活動情報センター『市民活動情報センターニュースレター』1号(2016年)、2016年9月1日)

今瀬政司「熊本地震の被災と支援 〜発災1ヶ月の現状・課題〜」 (PDF:7MB)
  (京都経済短期大学『京都経済短期大学論集』第24巻第1号、2016年7月29日)

今瀬政司「協働による神津島創生 〜“もったいない資源”の繋ぎ合わせからの創生〜」
  (地域活性学会「第8回研究大会」2016年9月4日、長野県小布施町役場周辺会場)

今瀬政司「熊本地震の被災・支援と地域創生」
  (地域活性学会「第8回研究大会」2016年9月3日、長野県小布施町役場周辺会場)

ページトップへ↑

京都府からの受託事業「NPO等リスクマネジメントに係るアンケート調査報告書」発行(2017年3月30日) 
アンケート調査の趣旨・概要
趣旨
京都府では、地域課題の解決に向けて公共的・公益的な活動を行う府内のNPO等(※)に対する施策として、災害時に相互支援を行うための「災害時連携NPO等ネットワーク」の構築と事業を推進しています。また、平常時及び災害時において、NPO等に想定される様々な「リスク」の解消や軽減につながるような支援事業を検討しています。そこで、それら施策の効果的かつ具体的な実施に向けて、NPO等の皆様に災害時における相互支援のあり方、ならびに平常時・災害時のリスク対応のあり方について、考え方や組織・活動の実情の調査を目的にアンケートを行いました。ご協力ありがとうございました。

概要
◎調査対象のNPO等(※):京都府内で活動する非営利の地域活動団体
     (NPO法人、任意団体、自治会、社会福祉法人、災害ボランティアセンター、経済団体等)
◎発送・回答期間:2017年2月3日〜2月24日
◎発送:郵送/回答:郵送・FAX・メール
◎有効回答率: 52.2%
◎調査結果の活かし方
  (京都府の施策として活かしたい既存・新規の事業及び今後の検討)
  (1)「災害時連携NPO等ネットワーク」事業
  (2)リスクの解消や軽減の支援事業(リスクマネジメントセミナー等の実施、保険加入の支援等)

委託者京都府府民生活部府民力推進課(外部リンク)

  京都府のアンケート調査ホームページ 【報告書ダウンロード】 

委託先特定非営利活動法人 市民活動情報センター
       (担当:今瀬政司市民活動情報センター代表理事/京都経済短期大学准教授))

  市民活動情報センターのアンケート調査ホームページ 【報告書ダウンロード】 

ページトップへ↑

Copyright (C) 2016-2017 今瀬政司 Imase Msashi   http://sicnpo.jp/imase-kyoto_econ/

NPO法人 市民活動情報センター(SIC)   当ホームページの開設運営・編集協力:特定非営利活動法人 市民活動情報センター
 URL: http://sicnpo.jp/  E-mail: sic☆sicnpo.jp ←メールは☆を@に変えて下さい