今瀬政司 研究室
(愛知東邦大学経営学部地域ビジネス学科准教授)

Welcome HomePage

http://sicnpo.jp/imase-aichi_toho/


今瀬研究室の取組み(2019年度以降)
今瀬政司のプロフィール(略歴・実績ページ)へ
国際学会「第22回ウッデバラ・シンポジウム2019」(イタリア)での研究発表 地域活性学会「第11回研究大会」での研究発表
「ラグビースコットランドチームに長崎おもてなし企画」への応援参加・取材 奈良まちづくりセンター『町家くん通信』2019.9寄稿論文「復興をめざす歴史的建造物のまちイタリア「ラクイラ」
日本中国友好協会『日本と中国』2019.9.1意見広告「祝 日中青少年交流推進年」(外部リンク) 愛知県立横須賀高校「ミニ講義」『第8回ホームカミングデー』(外部リンク)
中部経済連合会「委員会」委員参加 2019年度専門演習ⅠⅡ(今瀬ゼミ)
2019年度 基礎演習ⅠⅡ(今瀬ゼミ)

国際学会 年次研究大会「第22回ウッデバラ・シンポジウム2019」での研究発表
  (於:イタリア・ラクイラ)
 
「22nd Uddevalla Symposium 2019」開催概要

日程:2019年6月27(木)~29日(土)
会場Gran Sasso Sience Institute(GSSI)(国立グランサッソ科学研究所)
   (Viale F. Crispi, 7 67100 L'Aquila, Italy(イタリア・アブルッツォ州・ラクイラ))
大会テーマ:Unlocking the potential of regions through entrepreneurship and innovation
        (起業家精神と革新を通じた地域の可能性の開拓)
日程プログラム
・6月27日(木):オープニング、基調講演、論文発表セッション、歓迎レセプション
・6月28日(金):基調講演、論文発表セッション、最優秀論文賞授賞式・Galaディナー
・6月29日(土):基調講演、論文発表セッション(今瀬発表)

発表研究:世界28ヶ国の研究者、117件の論文投稿発表
主催Uddevalla Symposium
  (本部:ウエスト大学、スウェーデン(University West, 461 86 Trollhattan, Sweden))
共催(as local host):Gran Sasso Sience Institute(GSSI)



基調講演の会場

会場前の研究者たち
今瀬政司の研究論文発表
題名
Collaboration" with company and government by citizen / non-profit sector important for regional innovation and creation of new industries
(地域イノベーションと新産業創出にとって重要なNPOと企業・行政の「協働」)
セッション:special paper session Ⅳb
Kinds of Regional Resources that Contribute Innovation and Creation of New Industries
(イノベーションと新産業創造に資する地域資源とは)
日時:2019年6月29日(土)15:20~16:00(40分)
事前提出:論文要旨(査読)、論文フルペーパー



研究論文発表(今瀬)
今瀬政司の国際学会「ウッデバラ・シンポジウム」での既存研究発表(2017年、2018年)
"As an element of the regional innovation cluster, the citizen / non-profit sector that fulfill the “seedbed function” of the new industry」(地域イノベーションクラスターの一要素として新産業の「苗床機能」を果たす市民・非営利セクター)、21st Uddevalla Symposium 2018 on "Diversity, Innovation, Entrepreneurship – Regional, Urban, National and International Perspectives", (Paper session Iva:”Regional Innovation Cluster-What do Clusters Supply?”), Luleå University of Technology, 971 87 Luleå,Sweden, 2018年6月14日(「第21回ウッデバラ・シンポジウム」国際学会発表(スウェーデン))
"Regional factors in which geographical concentration of new industries and mature industries is created -Comparative of Tsubame city & Sanjo city's metal processing industry and Okinawa prefecture's traditional craft industry–“(新産業と成熟産業の地理的集中が創造される地域的要因 ~燕・三条の金属加工業と沖縄の伝統工芸産業の比較~)、 the 20th Uddevalla Symposium 2017 (Paper session VI), University West, Trollhättan, Sweden, 2017年6月16日, 「第20回ウッデバラ・シンポジウム」国際学会発表(スウェーデン)
共著『UDDEVALLA SYMPOSIUM 2018 Diversity, Innovation, Entrepreneurship - Regional, Urban, National and International Perspectives
      (Revised papers presented at the 21st Uddevalla Symposium, 14-16 June, 2018, Luleå, Sweden)
      (January 2019, Editor: Iréne Bernhard, University West, School of Business, Economics and IT, SE-461 86 Trollhättan, Sweden
       (国際学会UDDEVALLA SYMPOSIUM)
       ISBN: 978-91-87531-11-9, ISSN: 2002-6188
      今瀬論文(査読あり)
      Masashi Imase, “As an element of the regional innovation cluster, the citizen/non-profit sector that fulfil the “seedbed function” of the new industry”

共著『Uddevalla Symposium 2017: Innovation, Entrepreneurship and Industrial Dynamics in Internationalized Regional Economies
       (Revised papers first presented at the 20th Uddevalla Symposium, 15-17 June,2017, Trollhättan, Sweden)
       University West,School of Business, Economics and IT, SE-461 86,Trollhättan, Sweden, January 2018
       (国際学会UDDEVALLA SYMPOSIUM)
        Editor: Iréne Bernhard,  ISBN: 978-91-87531-61-3
       今瀬論文(査読あり)
       Masashi Imase, “Regional factors in which geographical concentration of new industries and mature industries is created - Comparative of Tsubame city & Sanjo city's metal processing industry and Okinawa prefecture's traditional craft industry –“ (pp.309-326)




国際学会「ウッデバラ・シンポジウム」概要
・当国際学会「ウッデバラ・シンポジウム」は、1998年にスウェーデンのウエスト大学とヨンショーピング大学の共同研究プロジェクト(4都市地域(リセキル、トロルヘッタン、ウッデバラ、ヴェネルスボリの各周辺地域)で欧州連合に関連する地域政策イニシアチブの評価を実行)として始まった。
・これをきっかけに、1998年以降、毎年、国際学会として世界各国の学術機関で年次研究大会を開催しており、2019年で22回目になる。スウェーデン(諸地域)、アメリカ(フェアファックス、カンザスシティ)、日本(京都)、イタリア(バーリ、ベルガモ、ラクイラ)、ポルトガル(ファロ)、ノルウェー(フレドリクスタ)、デンマーク(センダボー)、イギリス(ロンドン)にある学術機関で開催され、国際的な学術ネットワークを構築している。
・世界各国から様々な分野の研究者(経済地理、起業家精神、国際ビジネス、経営、政治学、地域経済学、中小企業経済学、社会学、都市・地域計画など)が参加して研究発表を行っている。
・日本では、2008年に「第11回ウッデバラ・シンポジウム2008」が京都大学で開催された。



ウッデバラ・シンポジウムの経緯スライド(1998-2019)
会場地「ラクイラ」(イタリア)
・2019年の年次研究大会会場地のラクイラ(イタリア)は、ローマから東に高速バスで2時間弱ほど離れた町である。落ち着いて品格のある優しい人々の多い町という印象を受ける。
・過去に大地震が繰り返し発生しており、2009年に起こった大震災では、町が壊滅的被害を受けた。市街地に残る歴史的建造物の多くも被災した。10年後の2019年6月現在、未だに多くの建造物が修復工事中の状況にある。

奈良まちづくりセンター『町家くん通信』2019年9月号 寄稿論文
 今瀬政司「復興をめざす歴史的建造物のまちイタリア「ラクイラ」




修復中の歴史的建造物(ラクイラ)
国際学会「第22回ウッデバラ・シンポジウム2019」ホームページへ
学会開催プログラムのホームページ
https://symposium.hv.se/
https://symposium.hv.se/symposium-2019/
https://symposium.hv.se/symposium-2019/program/
https://symposium.hv.se/globalassets/dokument/forska/symposium/program_broschyr_uasymp-2019_updated-190628.pdf

共催・会場(Gran Sasso Sience Institute(GSSI))のホームページ
http://www.gssi.it/
http://www.gssi.it/communication/news-events/item/6840-al-gssi-il-22-uddevalla-symposium-sullo-sviluppo-regionale
https://www.phdstudies.jp/%E5%A4%A7%E5%AD%A6/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/GSSI-Gran-Sasso-Science-Institute/



99の噴水口(ラクイラ)
愛知東邦大学ホームページ 「お知らせ」(公式ページ)

「経営学部の今瀬准教授がイタリアで開催の国際学会で研究発表」(2019/7/22)
   https://www.aichi-toho.ac.jp/archives/24211
 

ページトップへ↑

Copyright (C) 2019 今瀬政司 Msashi Imase   http://sicnpo.jp/imase-aichi_toho/

NPO法人 市民活動情報センター(SIC)   当ホームページの開設運営・編集協力:特定非営利活動法人 市民活動情報センター
 URL: http://sicnpo.jp/  E-mail: sic☆sicnpo.jp ←メールは☆を@に変えて下さい